1. HOME
  2. FXの基本知識
  3. レバレッジとは

レバレッジとは

FXを学ぶ上で絶対に欠かせないレバレッジとは、元手に対してどのぐらいの金額まで外貨取引が出来るかという事です。
たとえばレバレッジ200倍というと、10万円の元手を預ける事により2000万円分の外貨を売り買いする事が出来ます。
もし1ドル100円の時に100万円でドルを買ったとしても、通貨のレートが一円下がったら1万円の損をしてしまい、1000万円分のドルを買ったときに1円下がるだけで10万円の損をしてしまう事もあります。
逆に、儲かるときは通貨のレートが1円上がるだけでも1万円の利益となったり、10万円分の利益を儲けることが出来るため非常に少ない資産で効率的に利益を稼ぐ事が出来るのがレバレッジの仕組みです。
レバレッジの仕組みはしっかりリスクを管理して利益を狙わないといけない取引なので扱いには気をつけた方がいいです。
ただし、初心者の場合はレバレッジの倍率を低く取引を行えばたとえ損をしたとしても小さく、逆にここぞというときに利益をねらい徐々に資産を増やしたほうが安全です。

レバレッジ

FX取引での考え方

初心者にお勧めのFX業者

EMCOM証券「みんなのFX」

ドル円のスプレッドが0.7銭原則固定です。しかも最短で翌日から口座開設可能となっております。気になる事なども24時間サポートですので、FXが初めての人でも安心して取引を始める事が出来ます!

GMOクリック証券

FX投資・入門やFX初心者向けの予備知識のページも用意されています。初めてのお取引にも安心です。外国為替証拠金取引の基礎知識などついて優しく解説しております。