1. HOME
  2. FXの基本知識
  3. 注文方法でのリスク管理

注文方法でのリスク管理

ここではリスク管理などに使える注文方法の応用編を説明していきます。基本的な注文方法だけでも取引は可能ですが徐々に応用的な注文方法も学んでいくと状況に合わせた注文が可能になります。

IFD注文

このIFD注文では通常の指値注文に、利食いか損切りの注文をセットにして出す注文の方法です。
たとえば、現在の為替レートが103円だとして、100円で買い指値を入れその注文方法が約定すれば101円で利食いの指値を入れる注文方法です。
また、100円で買いの指値を入れて99円で損切りの逆指値売りを入れる事も出来ます。(新規の注文にセットで利益の確定か損切りのどちらか一方の注文を入れることが出来る注文方法です。)

OCO注文

このOCO注文は、片方の注文が約定したらもう一方の注文は取り消しますという注文方法です。
たとえば、現在100円で買いのポジションを持っていたとして103円になったら損切りしたいという時にOCO注文を使用して103円の指値と98円の逆指値を入れておくような使い方が一般的に使われています。
この時に103円になって利益の確定の指値注文が約定した時には、98円の逆指値注文はキャンセルされます。
逆に反対に98円の逆指値注文が約定された時には103円の指値注文はキャンセルされるので、非常に安心かつ便利な注文方法として使用出来ます。

IFO注文

このIFO注文とは、IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。通常の指値注文に利食いと損切注文をセットにして出す注文方法です。
指値で出した注文が約定しない時は、利益確定と損切りの注文は有効になりません。
指値が約定して利益の確定の注文か損切りの注文が約定した場合には、片方の注文はキャンセルされます。

FX取引での考え方

初心者にお勧めのFX業者

EMCOM証券「みんなのFX」

ドル円のスプレッドが0.7銭原則固定です。しかも最短で翌日から口座開設可能となっております。気になる事なども24時間サポートですので、FXが初めての人でも安心して取引を始める事が出来ます!

GMOクリック証券

FX投資・入門やFX初心者向けの予備知識のページも用意されています。初めてのお取引にも安心です。外国為替証拠金取引の基礎知識などついて優しく解説しております。